フレッツ光

フレッツ光の法人契約と個人契約の違いはなに?

投稿日:

こんにちは、加奈子です。今回はフレッツ光を法人契約するのと個人契約するのは、なにが違うのか、
その差について私なりにまとめてみたわ!

フレッツ光の法人と個人だとお得度が違う?

フレッツ光には個人向けプランと法人向けプランがあります。
どちらにせよ通信回線が同じだから、そこまでの違いがないと思っている人もいるようです。

私も以前働いていた仕事で、工事現場にある仮設の事務所にフレッツ光を引き込む手続きを担当
したことがあるの。「個人だろうが法人だろうが、同じ会社なんだからそんなに差はないでしょ!」
と思っていました。でも調べてみると、いろいろなところに違いがありましたよ。

例えば、契約するとお得なのは法人です。
これは、フレッツ光が家電量販店や代理店に契約が決まるたびに支払う報酬金の関係ね。
フレッツ光は今十分に契約が取れている個人よりも、法人契約に力を入れています。
だから法人契約のほうが報酬金が多く、その分代理店はお得なキャッシュバックをやっています。

法人契約の場合は40,000円~50,000円のキャッシュバックが基本で、個人契約の場合は今は10,000円
以下のキャッシュバックが基本です。昔は家電量販店などで5万円キャッシュバック!とかあったのに…。

お得なだけじゃない法人契約の特徴…

これだけキャッシュバック金額が違うなら、もう法人契約でいいかと思う人もいるはず。
事業主はできるだけコストを削減したいから、お得なほうがいいですよね?

でも調べてみると、フレッツ光の法人向けプラン(ビジネスタイプ)は月額が41,100円+プロバイダ
料金と、高額でした。これだと年間の通信費が約50万円になってしまいます。
個人プラン(ファミリータイプの場合)なら、月額がプロバイダ料金込みで5,100円~。
年間でも60,000円代で通信環境が手に入るから、とてもお得です。

フレッツ光では法人契約で個人プランを選ぶことができます。
法人でも個人でも使う通信回線は同じだから、最大で1Gbpsという通信速度も同じ。
これなら、法人契約でも個人向けプランを選んだほうがいいですね!

個人向けプランはお得なキャッシュバックがもらえない?

個人向けプランにすると、法人向けプランでもらえる高額なキャッシュバックがもらえないんじゃ
ないか?と不安を感じている人もいるはず。

「お得な個人向けプランにしたい!でも、高額なキャッシュバックもほしい…!」という場合でも、
安心していいわよ!その理由は、法人契約なら個人向けプランを選んだとしても、高額なキャッシュ
バックが受けられることに変わりはないから。

法人向けプランのほうが優れているところは?

今のところ法人契約でも、個人向けプランを選んだほうが断然お得という結果ね。
でも法人向けプランにも優れているところはあるから、それを知っておきましょう。

調べてみると、法人向けプランではオフィス丸ごとのセキュリティがあります。
24時間管理体制で、何かトラブルが起こったらすぐに駆け付けてくれるのです。
でも、こうしたサービスに代わるサービスが個人向けプランにも用意されています。
個人向けプランを選んだからと言って、トラブルがあった時に何も対応してもらえないわけじゃない
から安心していいわよ!

また法人向けプランのほうが優れている点はVPNなどのサービスがあること。
ヴァーチャルプライベートネットワークと言って、会社独自のネットワークを作ることができます。
取引先とだけつながることができるから、防犯性が高くなります。

もし個人向けプランでVPNが必要という場合は、専用機器を購入すれば使えるようになります。
だから、絶対的に法人向けプラン限定のサービスというわけでもないわね。

でも調べていると私はやっぱり法人向けプランだと、デメリットのほうがいいように感じます。
例えばフレッツテレビが見られないのも、デメリットの一つですね。
法人向けプランでも使用用途によっては申し込めるみたいだけど、店舗でテレビを常に流している
人は、これが死活問題になる可能性もありますよね?

法人としては必要なオプションがそろっている

他に法人向けプランには、法人として必要なオプションがそろっています。
例えば固定IPアドレスや領収書などですね。

固定IPアドレスとは、電話でいうところの固定電話番号ですね。

プライベートで携帯電話番号がコロコロ変わっていても、とくに何も言われませんが、仕事で電話
番号がコロコロ変わっていると支障が出てしまいます。これと同じでIPアドレスも固定じゃないと
サイトをお客様にみてもらいにくくなるし、仕事に支障が出てしまいます。

また仕事でネットを使っている以上、領収書を切ることもあるわよね?
フレッツ光は法人向けプランだと領収書がもらえるけど、個人向けプランではもらえません。
でも個人向けプランでも請求書払いという支払方法を選べば、請求書がもらえます。
年末の確定申告の際に、困ることはないわね!

法人向けプランと個人向けプラン、契約するときの違いは?

法人向けプランと個人向けプラン、契約をするとき用意する書類にも違いがあるのでしょうか?
契約の必要書類は悩みどころの一つでもあるので、調べてみました。

その結果、法人向けプランでも個人向けプランでも用意する書類は同じであることがわかりました。
用意する書類に違いがあるのは、法人契約と個人契約のとき。

法人契約は法人じゃなくても個人事業主でもできますが、必要書類は以下の3つ。
登記簿標本か開業廃業届出申込書、身分証明書のコピー、名刺です。
あとはフレッツ光の公式サイトでダウンロードできる申請書に必要事項を記入して、2か所に押印
するだけ。

必要書類は郵送、FAX、メールと3パターンの送りからがあるから、忙しい人でも安心ね。

法人契約しないほうがいい条件は?

フレッツ光は法人契約をすると、とてもお得です。
でも法人や個人事業主の中には、法人契約しないほうがいい条件もあります。

それは料金の支払いをきちんとできない、もうすぐ会社が倒産する、キャッシュバックが欲しいだけ
という3パターンです。まず会社の経営が上手くいっていなくて、毎月の支払いが心配が場合。
通信費削減のために法人プランから個人プランへ乗り換えるなら賛成ですが、個人プランでも支払う
のがきついという場合は、さらに安いモバイルWIFIがおすすめね。

月額2,000円台で無線WIFIを使える環境を手に入れられるから、経営難の会社はこちらを検討して
みてください。

そして、会社がもうすぐ倒産するけどそれまでの間に行う仕事でネット環境が必要!という場合も、
モバイルWIFIがいいでしょう。このタイミングでフレッツ光を契約すると、倒産のときに違約金や
や通信回線の撤去工事費などの支払いで確実にもめるからです。

モバイルWIFIなら引越し手続き不要で、新しい会社でも使い続けられるから安心ですよ。
またキャッシュバックでノートパソコンプレゼントなどと謳っている代理店もありますが、これ
目当てで契約してしまうとあとが悲惨です。

最低利用期間が2年間あって、その間に解約すると違約金として9,500円(ファミリ―タイプの場合)
を支払うことになるからです。毎月の利用料もあるし、回線の工事もあるからよく考えて契約を
しましょう!

法人向けプランのほうが個人向けプランよりも対応エリアが広いのは昔の話

フレッツ光は法人向けプランのほうが個人向けプランよりも、対応エリアが広いといわれています。
でも調べてみると、それは昔の話で今はそこまでの違いはありません。

ただフレッツ光自体の対応エリアの広さには、定評があります。
フレッツ光は今au光やソフトバンク光など、さまざまな光コラボを展開していますが、その中で
本家のフレッツ光は圧倒的に対応エリアが広いです。
回線通信だから地方に住んでいても、都市部と同じように快適にネットすることができるわよ!

また法人向けプランでも個人向けプランでも、初期費用と契約手数料は同じなの。
ビジネスタイプもファミリータイプという戸建て向けプランも、初期費用は18,000円、契約料は800円。
集合住宅向けプランのマンションタイプだけは、初期工事費が15,000円と割安になっています。

通信エリアが広いからセキュリティに対応しているエリアも広い

フレッツ光は通信エリアが広いので、セキュリティに対応しているエリアも広いです。
「ネットを引きたいけど、田舎だからいざというときに不安…」という場合でも、大丈夫ですよ。

フレッツ光は契約するすべての人が、セキュリティオプションに加入することができます。
これは逆を言えば、契約者全員のセキュリティをしっかりサポートする体制ができているということ。
法人向けプランの「プライオ」は24時間365日保守対応してくれるうえで、回線が混雑する時間帯でも、
優先的に通信ができます。

こうしたサービスを利用すれば、常に安心して仕事ができますね!

毎月の料金を支払う方法に違いはあるの?

毎月の料金を支払う方法に、違いはあるのでしょうか?
調べてみると、支払い方法は同じでした。

法人向けプランでも個人向けプランでも請求書払い、口座振替、クレジットカード払いの3つの中から
あなたの都合に合わせて選ぶことができます。個人向けプランから法人向けプランに乗り換えるときも
逆の時も、支払い方法を変更しなくていいので、助かるわね。

そして法人契約と個人契約の違いはほかにもあって、契約できるプロバイダの数が違ってくるの。
法人契約よりも個人契約のほうが契約できるプロバイダが多いから、今契約しているプロバイダが
ダメな可能性もあります。

でもOCNやGMOとくとくBBなどの人気プロバイダは法人契約でも個人契約でも、どちらでも契約する
ことができるから、安心ですよ。

このように法人契約と個人契約ではさまざまなところに違いがあります。
でも法人契約で個人向けプランを利用という選択肢もあるから、両方のいいとこどりも実現します。
24時間サポートがないという部分以外に大きなデメリットがないから、私は法人契約で個人向けプラン
がいいと思わ。

法人契約なら良心的な代理店ですると、お得よ。
株式会社ネクストやそのグループ会社、エヌズカンパニー、アウンカンパニーなどは好評です。

-フレッツ光

Copyright© フレッツ光代理店のおすすめは高額キャッシュバックでない? , 2018 All Rights Reserved.