工事現場事務所

建築業の現場事務所用で短期(3~8ヶ月)向きのネット接続環境は?

投稿日:

こんにちは、加奈子です。今回は短期間(3~8か月)の建築業の現場事務所用にネット環境接続
するためにはどうしたらいいのかをお話していくわ。

短期間の工事現場ならモバイルWIFIルーター一択

建築業の現場事務所用のネット接続環境で悩んでいるなら、工事の期間に合わせて選びましょう。
例えば短期間(3~8ヶ月)なら、どういうネット環境がいいのでしょうか?

調べてみると、短期間の工事ではモバイルWIFIルーターを建築業者が圧倒的に多かったわ。
モバイルWIFIルーターは契約いらず、無線通信だから通信回線工事がいらず、引っ越し手続きいらず
と短期間(3~8ヶ月)の工事現場に向いているの。

月額は月間5GBまでの通信量ならYahoo!WIFIで2,000円くらい、月間7GBの通信量なら3,696円、
それ以上なら月間4,380円で3日間10GBまで使うことができます。

フレッツ光が短期(3~8ヶ月)工事現場に向いていない理由

フレッツ光は最低利用期間が2年間あって、初期工事費が18,000円、違約金が9,500円かかります。
例えば3か月の工事のために通信回線を設置して、撤去してというのは面倒ですよね?

しかも申し込んでから実際に工事をするまでに、2週間~1か月かかります。
3か月の工事の場合は3分の1の工事期間、ネット接続環境がない状態に…。
これでは困ってしまうから、最短で即日中にルーターが届くモバイルWIFIにしたほうがいいわね!

モバイルWIFIルーターの通信エリアじゃない場合は?

短期間(3~8ヶ月)の工事現場なのに、モバイルWIFIルーターの通信エリアじゃない場合はどうしたら
いいのでしょうか?

ある人の体験談には「工事現場でネット接続環境を整えるように上司から言われました。いろいろ
探してみたけど、モバイルWIFIルーターがいいとか。でもWIMAXというモバイルWIFIルーターが通信
エリア外で…。ISDNは通信エリア内だけど、遅すぎて使い物にならなくて困っています」とありました。

この場合はまず、モバイルWIFIルーター=WIMAXというイメージがあってYahoo!WIFIは通信エリアを
調べていない可能性があります。

ですので、Yahoo!WIFIの通信エリアも調べてみましょう。
Yahoo!WIFIはソフトバンクの参加で、ソフトバンクと同じ通信回線を使っています。
ソフトバンクと同じ通信エリアということだから、全国カバー率は90%越えよ!

例えばWIMAXでは通信エリア外になっている富士山がYahoo!WIFIでは全域が通信エリアに含まれています。
WIMAXも通信エリアが90%を超えていますが、対象になっているエリアが違うから、Yahoo!WIFIのエリア
を調べてみましょう。

ISDNは通信エリアがさらに広い?使えない理由は?

モバイルWIFIルーターは無線通信で通信エリアが広いから、ほとんどの場所で使えます。
でも場所によっては、通信エリア外である場合も…。

そういう場合はISDNがちょうどいいわよ!

ISDNとは通話回線を利用したインターネット通信のことで、インターネットを利用しながらFAXを
することができます。一昔前はADSLとともにインターネット通信の主流でした。
でもフレッツ光が光ファイバーを利用した光回線を開発して、超高速通信を安定して行えるように
なったので、今は利用している人がほとんどいません。

ISDNはADSLが使えない地域でもつかえることがあります。光回線もADSL回線もモバイルWIFIもダメ
となったらISDL回線しかありません…。これもダメとなると、現場事務所用のネット接続環境を
整えるのはとても大変になります。

光コラボならフレッツ光の通信エリア外でも大丈夫?

フレッツ光やADSLの通信エリア外となると、「光コラボなら…」とすがりたくなるわよね?
でもフレッツ光がだめなら、光コラボも残念ながら通信エリア外です。

どうして一概に言えるかというと、光コラボの通信回線はフレッツ光だから。
光コラボレーション事業というのは、フレッツ光の通信回線を使い、コラボ事業者のサービスを
受けるという仕組みなのです。フレッツ光とコラボ事業者の通信回線、両方を使えるというわけ
ではないのね。

だから光コラボにすれば大丈夫と思っていても、実際には上手くいかないことが多いです。
モバイルWIFIルーターの通信エリアを調べることから、初めてみましょう。

通信エリアを調べてみたら△だった場合

モバイルWIFIルーターの通信エリアを調べてみると、結果は〇、△、×と表示されます。
もし△だった場合、いちかばちかで購入してしまう人もいます。

でもモバイルWIFIルーターにはレンタルがあるから、借りて実際に試してみてください。
1日単位で800円台で借りることができるから、費用もほとんどかかりませんよ。

建築業の現場事務所用として、もバイルWIFIは頼りないと思うかもしれませんが、口コミでは
「最大速度が300Mbps出るから超高画質もサクサク」「WIMAXでYOUTUBEを楽しんでる」など、
通信が高品質というものが多かったです。

ビジネスシーンでも安心して使えるから、レンタルで試してみてください。

ASPのメールサービスを利用して仕事をしよう

もし現場事務所でメールができない状態になっていても、ネットはみられるという場合はASPサービス
を活用してみてください。

ASPサービスとは、サーバに入っているソフトをインターネット越しに使うサービスのこと。
ソフトをダウンロードしない分、あなたが今いる通信環境がだめでもサーバの通信環境が生きていれ
ばメールなどのサービスを使うことができるのよ!

例えば「ALL in Oneメール Lite」というASPサービスはセキュリティがしっかりしていて、スマホ
からでも操作することができます。最大1GBの容量のファイルを送ることができるから、メールに
添付できないようなファイルでも、サクサク送れて便利です。

初期費用は10,000円で月額3,000円なので、初期費用18,000円、月額5,100円~のフレッツ光よりも
安く使えます。ただもともとの通信環境がないと使えないので、ADSLでもISDNでもいいからネット
接続環境を整えてくださいね。

同じ建物内でも通信が安定するところとしないところがある

通信エリアが△になっている場合に多いのですが、現場事務所内や工事現場の敷地内で、通信が
安定するところとしないところがあります。

電波は木を貫通しないので木造建築の建物を建てている場合は、建築中の建物の陰ではなく、
道路や開けているところでネットをしましょう。また事務所内で通信をする場合でも窓を開けたり、
ドアを開けたりしてください。

プレハブの壁やドアでも電波がぶつかると途切れてしまうからです。
また電波が乱反射してしまう水槽や池などの近くではネットしないでください。
こんな風にちょっとしたことに気を付ければ、通信は少しづつしやすくなります。

スマホのテザリング機能を駆使してネット接続環境を手に入れよう

フレッツ光もモバイルWIFIルーターもつながらない環境では、「もうお手上げ…」となってしまい
ますよね?でもキャリアの通信回線があることを忘れていないかしら?

ドコモやソフトバンク、auなどはどれも全国人口カバー率が90%を超えています。
山奥やよっぽどの田舎でも、場所によってはつながることもありますよ。
ですので、キャリアのスマホでテザリングをしてネット接続してみてください。

スマホのテザリングはスマホの通信回線を使うから、ドコモやソフトバンクなど安定しやすい
ネット接続環境が手に入ります。スマホ1台のテザリングで複数台のパソコンやタブレットを
ネットにつなげることができます。

ただひとつだけ注意してほしいことがあって、スマホの通信回線を使っているから通信制限に
ひっかかりやすくなるということです。これを解消するにはスマホの通信プランを大容量のもの
に切り替えるしかありません。

短期(3~8ヶ月)の工事現場ならわざわざ新しい通信契約を結ぶのも面倒です。
だったらスマホの通信プランを乗り換えればいいのよ。
例えばドコモだったら、ウルトラデータLパック(20GB)は、月額6,000円です。
もっと通信量が必要な場合はウルトラデータLLパック(30GB)は、月額8,000円です。

現場事務所用の通信回線としてスマホを新しく契約するなら、法人名で契約しましょう。
そのほうが料金の支払いの時に、トラブルになりません。

このようにモバイルWIFI→フレッツ光→ADSL→ISDN→スマホのテザリングという順番で検討して
みてください。

仮設のインターネット環境を提案してくれる業者はないの?

水道業者の場合は、仮設の水道工事のときに「こういう会社があって、こういう商品があります」
と具体的に提案してくれる会社があります。

でもインターネットの場合は、そういう会社をあまり見かけませんよね?
でもネット上には代理店という会社があって、フレッツ光の申し込みをサポートしてくれます。
フレッツ光だけですが、「短期間(3~8か月)で建築業の現場事務所用ネット回線を…」と相談
すれば具体的なアドバイスをもらえると思います。

私も以前工事現場の仮設事務所で、フレッツ光の手続きを担当しました。
そのときに最低利用期間に解約することになっていたけど、とてもいいアイディアを出して
もらえましたよ。

代理店でいいアイディアを出してもらっている人も

体験談を調べてみると、代理店でいいアイディアを出してもらっている人がいました。
例えば、「代理店で法人契約すると、高額なキャッシュバックをもらえる」と教えてもらったそうです。

「4万円のキャッシュバックがもらえるから、それで初期費用と違約金を賄えばいい」と言われ
て実践したという体験談がありました。確かに初期費用は2万円くらい、違約金は1万円くらい
だから療法払っても1万円のおつりが来ますね。

ただあまりにもキャッシュバックが高額すぎる業者は、悪徳業者だそうです。
月々の料金に手数料を上乗せして、結局契約者が損をする仕組みになっているのだとか。
くれぐれも気を付けてくださいね。

建築業で短期(3~8ヶ月)の工事となると、インターネット回線を契約するのも難しいと思います。
しかも通信エリア外だったりすると、さらに大変になりますが、いろんな方法を試してみましょう。


法人向け・個人事業主向けキャッシュバックNo1




かなり良心的な会社で私もお世話になりました。




無用なオプションも付けなくていいですし、
ちゃんとキャッシュバックが翌月にもらえます。

いい加減な代理店でトラブルに合った同業者をみていたのでこちらにして正解でした。

ぜひしっかりとした代理店で契約てくださいね。




-工事現場事務所

Copyright© フレッツ光代理店のおすすめは高額キャッシュバックでない? , 2018 All Rights Reserved.