独立開業

飲食店に固定電話はいる?携帯電話があるのにそもそも必要?

投稿日:

こんにちは、加奈子です。今回は飲食店に固定電話をおく必要があるのかについて、私の体験談を
交えてお話していくわ。携帯電話がこれだけ普及しているのに、そもそも必要なのでしょうか?

飲食店に固定電話はあったほうがいい

飲食店を経営している人で「固定電話っているの?」と疑問に思っている人は多いはず。
「携帯電話があるから…」と、固定電話を置かない人も増えています。

でも私は飲食店には、固定電話を置いておいたほうがいいと思います。
個人的な話になるけどネットでおしゃれな飲食店を探していていいなと思ったお店でも、電話番号
が携帯電話の番号だったら、予約の電話を入れづらいです…。

「この番号はお店においてある携帯電話の番号なのか、オーナー個人の携帯電話と兼用なのか」と
不安になるのよ。オーナー的にも休みの日に店の予約電話を受けたくないと思うけど、客側として
もオーナーの休みに個人の携帯電話に電話をしたくありません。

携帯電話の番号だと電話をかける側としては、店のものか個人のものかがわからないです。
固定電話を飲食店においておいてもらえると店の電話だとわかりやすいから、安心してかけられます。
客側としては、飲食店に固定電話があったほうが助かることが多いのです。

固定電話にしかない機能が飲食店には必要

客側だけではなく店側としても、固定電話があると助かることが多いです。
例えばFAXやボイスワープなどです。

ナンバーディスプレイは携帯電話にもありますが、ボイスワープという固定電話にかかってきた
電話を携帯電話で撮れるという転送サービスやFAXはありません。
「飲食店が小規模なら、固定電話はそもそも必要じゃない」と思っている人でも、この機能は
ほしいはず。

飲食店の仕入れは基本的にインターネットですが、FAXで行っているところもまだまだあります。
また自治体などで行っている行事のお知らせなどはFAXという地域もあるので、FAXは意外と必要。
こんな事情から、飲食店には固定電話が必要なのです。

通話回線にクレジット決算端末を指している場合

飲食店でよくある通話回線の使い方は、クレジット決算端末を指すというもの。
クレジット決算端末は通話回線にさして使うから、固定電話をおくと使えなくなります。

でも調べてみると電話の親機と子機のように固定電話にクレジット決算端末をつなげば、使える
ようになるそうよ。これなら安心して固定電話を置けるわね。

固定電話はそもそも必要なのか疑問視する理由

飲食店で固定電話はそもそも必要なのかと疑問視する個人事業主の中には、ほかの事情主から
固定電話を置いたあとのことを聞かされているから、という場合もあります。

あるカフェオーナーのブログには、「店の家電、営業の電話か道を聞く電話か、店はやってるか?
という確認の電話しか来ない。営業は向こうも仕事でやってるからしょうがないけど、道とか営業
時間はホームページ見ればわかるでしょ!なんのために作ったと思ってるんだ」と書かれていました。
ホームページを業者に頼んで見やすくつくったとしても、電話で聞いてくる人はいます。

営業の電話も固定電話を契約すればタウンページなどに掲載されるから、営業電話が多くなるのです。
でも「固定電話を引いても、電話番号を公開しない」という対策をとると、いいそうです。
公開しないと固定電話をおいても意味がないんじゃないのか、と思うかもしれません。

でも業者とのやりとりや常連さんなどにだけ電話番号を教えたり、開業届に記入したりできます。
また、融資を受ける場合には信頼度が上がるという効果があります。

固定電話がないと卸業者と契約できない

固定電話がないと不便なだけで、実際の業務には影響がないと思っている人は多いはず。
でも実際には、固定電話がないと店が営業できない可能性もあります。

その理由は、卸業者や大手業者との契約に固定電話番号は必須なことが多いから。
固定電話をそもそも必要じゃないと思っておかないでいると、食材の仕入れができなくなります。
また予約制の飲食店にしたい場合や、個室を作って予約制にしたい場合も必要ですね。

固定電話は絶対に必要というわけではない

固定電話は絶対に必要というわけではありません。
固定電話でやりとりをしない卸業者もあるので、こういった業者と契約すれば問題ないからです。

固定電話をおいていないけど繁盛している飲食店はたくさんあるし、逆に固定電話をおいているけど
繁盛していない飲食店もたくさんあります。そもそもホームページを持っていない飲食店もあるのです。
でも新しく飲食店を開業するならホームページでアピールをして、早く常連を獲得するのが重要な課題よ。
固定電話をおいておくと、そのために一役買ってくれます。

飲食店に人気のフレッツ光のひかり電話は開通に2か月かかる

飲食店で固定電話をおく場合、フレッツ光のひかり電話を選ぶ人が多いです。
フレッツ光なら高品質ですし、ひかり電話の月額500円という安さに惹かれるのね。

でも実際に店舗にひかり電話を設置した人の体験談では「申し込みからひかり電話開通まで2か月
かかってしまい、開店に間に合わなかった」と書かれていました。インターネットとひかり電話、
両方に申し込む分、時間がかかってしまうのでしょう。

そういう場合は「固定電話ドットコムに相談すると、お店のオープンに合わせて固定電話を設置
できます。「今すぐに電話番号が欲しい」という場合でも、対応してもらえますよ!

固定電話ドットコムで申し込みをすると、最短で即日中に電話番号が決まります。
そして翌日には固定電話がつながるようになります。工事を依頼する場合でも申し込みから3日で
工事に来てくれるから、安心です。

これなら、「あと1週間後に店を開店する予定だけど、やっぱり固定電話を置きたい」という場合でも
大丈夫ね。でも固定電話ドットコムで即日中に対応してくれるのはISDN回線の加入電話です。
ひかり電話はやっぱり時間がかかるから、はやめに申し込みをしましょう!

どんなに小規模な飲食店でも通話アプリはやめたほうがいい

飲食店を始めようとしている個人事業主は店舗が狭ければ狭いほど、固定電話はそもそも必要ない
と思っているはず。

たしかに客席数が5席くらいの小さいお店なら、必要ないと私も思います。
でもあなたの携帯電話番号と店の電話番号を区別するために、通話アプリを使うのはやめましょう。
050からはじまる通話アプリは、無料でスマホにインストールして使うことができます。

でも110や119などの緊急時の連絡はとれません。
これを知っている人はあなたの飲食店のホームページやSNSで電話番号をみて、「いざというときに
頼りにならないな」と思ってしまう可能性があります。
プライベートを通話アプリ、店をスマホの通話回線にすれば問題ありませんよ。

同じスマホアプリでもクラウド上に構内交換機(PBX)を作って、通話回線は外線、通信回線は内戦
で電話をすることができます。

また安く固定電話をお店に置きたいなら、直収型電話がおすすめ。
NTTと契約してから通信会社と契約をする加入電話と違い、通信会社と直接契約する固定電話の
サービスです。03から始まる市外局番入りの固定電話を付与されます。
36,000円の電話加入権を支払う必要がないから、初期費用が浮きます。

開業時はスマホの通話アプリで途中から固定電話を設置するデメリット

今までの固定電話と携帯電話の違いを読んできて、「開業するときはスマホの通話アプリで、店が
軌道に載ったら固定電話にしようと思った個人事業主もいると思います。

固定電話はそもそも必要ないと思っていても、あとから固定電話を設置することはできます。
でも途中で店の電話番号が変わるということなので、役所で手続きをしないといけません。

これはかなり面倒なので、私はインナーネット開通と同時にひかり電話も開通していいと思うわ。
最初から固定電話を店に置いておくと店の信頼が増えるし、店を営業するうえでも便利です。

インターネットが無制限だから、専用の機器を置いて店内にWi-Fiを飛ばすことも可能。
スマホは無制限プランがないから、通信制限に苦しんでいる若者は多いです。
Wi-Fiを飛ばすと集客効果が狙えるから、そのついでにひかり電話も置いてしまいましょう!

ただ、ひかり電話は停電の時に使えなくなってしまうのでスマホのバッテリーはいつも100%にして
出勤してください。

別の建物で契約している電話番号を店の電話番号にしたい場合

例えばあなたのお店が実家の近くなどで、実家の固定電話をほとんど使っていない場合。
実家の電話番号を店の電話番号にすることができます。

まず実家の通話回線がADSL回線ならそのままで、ネット回線ならADSLにして追加で番号を取ります。
そしてターミナルアダプタを付けて、疑似着信転送を行うことで、実家にかかってきた店の電話を
あなたがスマホとして受け取ることができます。

でもこれはこれで費用が掛かるし、手間もかかります。
私はフレッツ光の代理店サイトから光回線とひかり電話を、セットで申し込んだほうが早いと思います。

例えば株式会社ネクストなら、フレッツ光の光回線とひかり電話を法人契約で申し込むと、
50,000円前後のキャッシュバックがもらえます。法人契約なら、法人向けプランでも個人向けプラン
でもどちらでもキャッシュバックの対象。

法人向けプランだとビジネスタイプは月額41,100円~、個人向けプランだとファミリータイプは月額
5,100円~となっています。個人向けプランのほうが料金が安いです。
ビジネスタイプとファミリータイプは通信回線が同じだから、最大速度も同じ。
昔はビジネスタイプじゃないとビジネスシーンに対応できませんでしたが、今ではファミリタイプでも
十分ビジネスに使えます。

飲食店なら通信量も多くないから、個人向けプランでも十分ですよ!
初期工事費が18,000円かかりますがキャッシュバックで賄えるので、小規模で資金が少ない飲食店でも
無理なく契約できるわね。

キャッシュバックがあれば固定電話がそもそも必要か迷っている人でも、気軽に申し込めると思います。
株式会社ネクストはアウンカンパニー、エヌズカンパニーと同じグループ会社です。
良心的と好評なので、安心して申し込んでくださいね。


法人向け・個人事業主向けキャッシュバックNo1




かなり良心的な会社で私もお世話になりました。




無用なオプションも付けなくていいですし、
ちゃんとキャッシュバックが翌月にもらえます。

いい加減な代理店でトラブルに合った同業者をみていたのでこちらにして正解でした。

ぜひしっかりとした代理店で契約てくださいね。




-独立開業

Copyright© フレッツ光代理店のおすすめは高額キャッシュバックでない? , 2018 All Rights Reserved.