独立開業

posレジの通信回線は光回線、モバイル回線、WIFI、どれがいい?

投稿日:

こんにちは、加奈子です。今回は飲食店や雑貨店で、POSレジを導入するなら、通信回線は光回線、
モバイル回線、WIFIの中のどれがいいのか検証してみたわ。

POSレジを設置すると店舗経営が楽になる

飲食店や雑貨店など自分の店を持つ夢をかなえようとしている人は、ふつうのレジよりもPOSレジを
導入したほうがいいです。とても便利な機能が満載ですよ。

POSレジは「Point Of Sales」システムがあるレジのことで、レジを操作するたびにその操作情報が
記録されるシステムを搭載しているレジです。お客さんが何を買って、いくら出して、それにいくら
おつりを出して、本日の売上合計はいくらで…ということがレシートで出てきます。
本日の売り上げを勘定する際にとても便利ですし、売れ筋商品もわかります。

ふつうのレジではこうした売り上げ勘定や売れ筋商品、メニューの把握が面倒だから、POSレジの
導入は作業効率をあげるためにも必要です。

でもPOSレジを導入するためにはインターネットが必要。
通信回線は光回線、モバイル回線、WIFIの中のどれがいい?と疑問に思っている人のためにここでは
PSOレジの通信回線についてまとめていくわ。

POSレジを使うなら通信回線はどれがいい?

POSレジは通信回線を使って、売上情報の管理を行います。
だから、通信回線がある環境は必須ね。

調べてみると、通信回線の種類はADSL回線、光回線、モバイル回線、WIFIどれでも使えるそうです。
ただ通信速度が遅いと、レジの操作情報を記録するために時間がかかってしまいます。
レジの動作も遅くなってしまい、レジに行列ができることになるわ。
だから、通信速度が速くて安定しやすい回線がおすすめです。

飲食店に人気なのは、フレッツ光の光回線。
光回線なら最大1Gbpsの超高速通信を安定してできるから、PSOレジも快適に動作します。
同じNTTでもADSL回線やISDN回線などの通話回線でもPOSレジは動作しますが、通信速度が遅いです。
レジに行列ができてしまって、お客さんを待たせてしまうことになるから気を付けてくださいね。

WIFIは大型店舗向けの通信回線

最近はPOSレジ本体で情報を管理するのではなく、タブレットに管理情報を飛ばしてみることができ
ます。このシステムには、タブレット型のPOSに情報を飛ばすためのWIFIが必要になります。

ただ、これを小規模店舗や個人経営の飲食店などで導入しているところは少ないそうです。
レジがたくさんあるような大型店でよく導入されていて、各レジの管理情報をタブレット上で一括
管理するというシステムをとっているそうです。

ただ、この場合も通信回線はフレッツ光であることが多いです。
フレッツ光の光回線は無線LANルーターで店内にWIFIを飛ばせるから、これで管理情報のやりとりを
しているというわけね。

モバイル回線はPOSレジに向かない

小規模飲食店の場合は、モバイル回線を導入することが多いです。
モバイルWIFIでも最近は安定性があるし、高速だから人気になっています。

でもモバイルWIFIはPOSレジに向きません。
POSレジの場合、減価償却の期間に合わないことが多いからです。

減価償却とは、例えば100万円の業務用エアコンを買ったら、その費用を使う年数に分散して費用と
して考える計算方法のこと。エアコンの費用を1年目に100万円としないで、5年間で20万円づつと
していくというような仕組みね。

減価償却は3年~6年で計算することが多いです。モバイルWIFIルーターは最低利用期間が3年ですが、
引っ越しのときに手続きが不要だし、工事も不要だから、引っ越しが多い店舗や期間限定店舗向き。
しっかり腰を据えて店舗を経営してい行きたい場合は、固定回線のほうが向いています。

モバイルWIFIは無線通信で最近は通信の安定性が優れているとはいえ、それでも固定回線のほうが
安定性には優れているからです。

POSレジに向いている通信回線は?

POSレジの通信回線で向いているのは、ギガらくWIFIです。
店舗向け・オフィス向けの通信環境で、導入から運用までを一括サポートしてもらえます。

ギガらくWIFIとは無線LANルーターで、1台で同時に50代のパソコンやスマホ、タブレットがインター
ネットに接続することができます。もともとの通信回線は契約者が別で契約するので、好きな回線
を選ぶことができます。

本来ならフレッツ光でレンタルする無線LANルーターをギガらくWIFIにする、ということね。
料金は、ハイエンドプラン バリュータイプ(5年タイプ)で3,300円です。
POSレジ用の回線とお客様用のWIFI回線と分けることもできます。

これにフレッツ光の月額利用料金とプロバイダの料金が追加されます。
フレッツ光を店舗が契約するとき、最近は個人向けタイプ(ファミリータイプ)を契約します。
プロバイダ料金込みで月額5,100円~です。ギガらくWIFIの費用は月額ではなく初期費用です。

店舗用の通信回線とPOSレジ用の通信回線を一緒にするとよくない

小規模飲食店などでは店舗用のインターネット回線とPOSレジ用の通信回線を一緒にしても、
問題ありません。でもある程度広さのある店舗だと、通信に支障が出てしまいます。

その理由はPOSレジが結構な通信量を使うから。
とくにお店が混む時間帯は、通信回線をフル稼働されています。
この状態で例えばスマホで卸業者に追加発注しようとしても、なかなかつながりません…。

また飲食店の場合、オーダーにハンディを使っているなら、これも通信回線を使うことになります。
POSレジ本体の通信量と相まって、相当に通信回線が混雑してしまうのです。

またPOSレジと店舗用通信回線が同じだと、POSレジの回線とお客さんが使うスマホの回線が同じと
いうことになります。ウイルスを流されてしまう可能性もあります。
トラブルにもつながるから、店舗用回線とPOSレジ用回線は別にしましょう!

POSレジにはセキュリティが最初からついてくる

POSレジは店舗の情報を管理しているシステムです。
情報は一度クラウドに保管されるから、基本的に安全性は高いです。

さらにセキュリティシステムは最初からついてくるから安全ですが、念のために通信回線は分けて
ください。でも1店舗で2種類の回線なんて、どうやって設置していいかわからないですよね?

まずもうすでに通信回線を設置してしまった場合は、モバイル回線を追加しましょう。
無線通信よりも優先通信のほうが安定しやすいけど、POSレジ専用にするなら通信量が店舗と兼用
よりも圧倒的に少なくなるから、モバイル回線でも対応できるわ。
工事なし契約なしで、インターネットから購入できます。

モバイルWIFIは、最安値級だと月額2,000円くらいかかります。

光回線は地域限定のものでも大丈夫?

全国規模で普及している光回線といえば、フレッツ光です。
でも地域単位で普及している光回線もあります。

例えばKDDIのauひかり、SONY系列のNURO光、コミュファ光、BBIQ光などです。
通信エリアがフレッツ光に比べて狭いうえに、各社でそれぞ異なったプランを展開しているから、
比較も難しいので、選ぶのが面倒というデメリットがあります。

同じ地域単位で普及している通信回線は、ケーブルテレビもありますね。でも最大速度が10MB~500MB
くらいしか出ません。フレッツ光は最大1Gbps出るので、けた違いの速さですね…。
POSレジには高速で安定した通信が必要だから、フレッツ光のほうがいいわね。

結局POSレジの通信回線はどれがいい?

今までPOSの通信回線をいくつか紹介してきましたが、結局どれがいい?と疑問な人もいるはず。
私は基本的にフレッツ光でいいと思います。

POSレジ用の回線とお客さん用の回線が同じだとセキュリティが心配なら、フレッツ光のセキュリティ
オプションを付ければ問題は解決します。個人で経営するような小規模な店舗に2つの回線は大げさ
なので、ひとつの回線で済ませましょう!

フレッツ光のファミリータイプは、法人契約することもできます。

月額5,100円~でギガらくWIFIを契約しなくても無線LANが飛ばせるし、超高速で安定した通信が
できます。

POSレジの通信回線を契約するなら代理店サイトから

POSレジを使うためや店舗にWIFIを飛ばすために通信回線を設置するなら、代理店サイトから申し
込みをしましょう。代理店サイトならではのお得なキャンペーンがたくさんあります。

代理店サイトは1件契約を結ぶとフレッツ光から、報奨金が支給されます。
良心的な代理店はこれを契約者に還元してくれるので、高額なキャッシュバックとして戻ってきます。
さらに良心的なところだと、キャッシュバックを受け取る手続きもいりません。

例えば株式会社ネクスト、それと同じグループ会社のアウンカンパニー、エヌズカンパニーなど。
高額なキャッシュバックがもらえて、手続きもなし、しかもキャッシュバックの条件も緩いわよ!

無線LANルーターを設置すれば低コストでタブレット管理できる

フレッツ光に契約して光回線を導入し、無線LANルーターを設置すればPOSレジの情報をタブレットに
飛ばすことができます。

無線LANルーターを導入には、ふつうにフレッツ光を契約すればいいだけ。
何も申し出なくても、基本的に無線LANルーターをレンタルしてもらえます。
タブレットはPOSレジ専用ではなく、ふつうのipadで大丈夫です。

このように店舗にPOSレジを導入する場合は、通信回線は光回線がおすすめ。
モバイル回線をPOSレジ専用回線として導入するという方法もありますが、来店数が多いお店や、
広めのお店に向いている手段ですね。

またWIFIは通信が不安定だからPOSレジに向かないという意見もありますが、店内で飛ばすだけなら
不安定になりにくいですよ。フレッツ光は10万件以上の実績があるから、信頼できるわね。

これから飲食店を開業する人は、さまざまな準備に追われていて大変だと思います。
インターネット回線やレジだけに時間を割いていられないと思うので、手軽に申し込める代理店サイト
を活用して、お得なキャッシュバックを受け取りましょう!

光回線は代理店で決まります!




法人向け・個人事業主向けの光回線




良心的な会社で私も何度かお世話になりました。







不要なオプションも付けなくていいですし、
オプションなしで、ちゃんとキャッシュバックが翌月にもらえます。

いい加減な代理店でトラブルに合った同業者をみていたのでこちらにして正解でした。

ぜひしっかりとした代理店で契約てくださいね。



あとここだけの話ですが、短期間(3ヶ月とか)のフレッツ光利用を相談したら…
特別対応してもらえる場合もあるかも?

短期利用だけど違約金が心配という人もぜひ相談してみてくださいね。


申し込みボタンがあるのですが、そこから相談もできますので、まずはWEBから
問い合わせてみてください。



↓このボタンから問い合わせできます。







>>フレッツ光新規申込で最大45,000円キャッシュバック!





-独立開業

Copyright© フレッツ光代理店のおすすめは高額キャッシュバックでない? , 2019 All Rights Reserved.