工事現場の仮設事務所

工事現場の仮設事務所に確認申請をする方法とは?

投稿日:

こんにちは、加奈子です。今回は工事現場の仮設事務所の確認申請をする方法について、お話し
していくわ。

工事現場の仮設事務所の確認申請をしたい

工事現場には事務作業をしたり、作業員たちが休憩したり、建築会社本社とやりとりをするための
仮設事務所が設置されます。

この仮設事務所も建物の一種だから、建築基準法があってそのルールに従って建てないといけません。
仮設の事務所だからほとんどの場合はプレハブハウスをレンタルして、設置するだけですが、その
設置方法や場所にはいくつかのルールがあります。

これらのルールをまず確認して設置してから、仮設事務所の確認申請をしましょう。

まず建築基準法では、仮設事務所を便場に設けることがルールになっています。
現場とは工事現場の敷地内をさすので、敷地の隣に空きスペースがあってもそこには設置しない
でください。また仮設で建てるのは事務所以外にも認められています。

調べてみると休憩室、福士厚生施設、材料加工場、下小屋、材料置き場など。
下小屋とは、職人たちが準備や資材の下ごしらえをするための建物です。
これらは工事現場の敷地内であれば、建てることが問題ありません。

こうした仮設の建物は工事期間中だけで、工事が終われば当然撤去します。
ですので、建築確認などの手続きや規定はとても緩いです。
特定行政庁の許可もいりません。応急仮設建築物の場合は3か月以上続けて設置するなら、許可が
必要ですが、一般的な工事現場の仮設事務所や仮設建築物には必要ないわ。

ただ工事が終了したのに、仮設の建物を残しておくことは認められません。

工事現場の仮設事務所は確認申請が不要?

工事現場の仮設事務所は、建築基準法の規則が緩いことがわかりました。
期間限定の建物なので、そこまで厳しく取り締められることはありません。

でも工事現場の仮設事務所に確認申請が必要で、それを知らずに申請しないで工事をしていたら
大変なことになります。ですので、確認申請が必要かどうかはきちんと調べておきましょう。
私も以前、工事現場の仮設事務所で働いていたことがあって、そのときに調べました。
そしたら、工事現場事務所などは申請の必要はありませんでした!

でも同じ仮設建築物でも、仮設興行場などは確認申請委が必要でした。
仮設興行場とは、季節限定のイベント会場のことですね。ラーメンフェスとかガーデニングフェス
などの数日間限定で行われるイベントのステージやテントなどは、確認申請が必要よ。

これから建築する家やマンションはもちろん確認申請が必要

工事現場で使う仮設事務所は確認申請が必要ありません。
でもこれからその工事現場で建築する住宅や建物は、確認申請の必要があります。

これはあなたの仕事の範囲外の可能性もあるから、上司に確認をしておきましょう。
でも工事現場の仮設建築物に関しては、申請がいらないことは確実です。

法律で定められている仮設事務所の期間

工事現場の仮設事務所は、法律で定められている期間があります。
それを過ぎるとプレハブハウスでも仮設とはみなされません。

建築基準法第85条第5項には、仮設現場事務所・寄宿舎等は2年以内と決められています。
短期間の工事だと3月~8ヶ月くらいだから、ぜんぜん余裕がありますね。
マンションの建築にかかる期間は、一般的に(階数×1か月)+3か月と言われています。
10階建てのマンションなら、13か月はかかるということになるわね。

仮設許可申請を提出するとメリットがある

工事現場の仮設事務所は、建築基準法で定めらえている確認申請をする必要はありません。
でも仮設許可申請をすると、メリットがあります!

そのメリットについて調べてみると、「建築基準法に規定されている制限を緩和できる」のだとか。
工事現場の工事現場事務所、下小屋、材料置き場は第2項に当てはまります。

この仮設許可申請をすれば、作業員に広い休憩所を用意できたり、広い事務所を用意することが
できます。でもその分費用がかかってしまうので、あまり贅沢はできませんね。
私は短期の工事なら、この仮設許可申請も必要ないと思います。

短期の工事現場で広い事務所や休憩所を設ける建築会社はあまりないので、わざわざ仮設許可申請
をしても建築基準法のルール内の大きさの事務所しか設置しないことがほとんどだからです。

建築確認申請が必要な建物とは?

工事現場の仮設事務所には、建築確認申請が必要ありません。
では逆に申請が必要な建物とは、どういうものなのでしょうか?

調べてみると、都市計画区域内の場合は、建物を新築する場合、増築改築部分の面積が合計10平方
メートルを超える場合は建築確認申請が必要になります。また防火・準防火地域の場合は、10平方
メートルを超えない場合でも、建築確認申請が必要です。

また都市計画区域外では、100平方メートルを超える学校、病院、寄宿舎、集会場、店舗、工場、
倉庫、車庫等や3階建て以上の木造建築か、床面積500平方メートル以上の木造建築、13m以上の高さ
の木造建築か、軒高9mを超える木造建築は確認申請の必要があります。

また木造以外の建物では2階建て以上で、床面積が500平方メートル以上の建物も確認申請が必要。
また一定規模以上の工作物や昇降機も確認申請が必要になるので、気を付けてくださいね。

工事現場の仮設事務所以外で確認申請がいらないのは?

確認申請がいる建築物はとても多く、規定も細かいことがわかりました。
では工事現場の仮設事務所以外で、確認申請がいらないのはどういう建築物なのでしょうか?

調べてみると仮設の事務所以外で、確認申請の対象外な建築物はないことがわかりました。
ただ仮設店舗や仮設興行場は、仮設許可申請で制限が緩くなります。
防耐火関係や構造の一部緩和が認められるので、お店の個性を出した建物にできます。
イベント会場の場合も、訪れる人たちに楽しんでもらえるアイディアが採用されやすくなります。

仮設事務所でも確認申請が必要になる可能性がある?

工事現場の仮設事務所は基本的に、確認申請が必要ありません。
でも条件によっては確認申請が必要になる可能性もあります。

調べてみると確認申請が必要じゃない仮設事務所の条件は、「土地に定着して10平方メートル以内の
建物」となっています。仮設事務所はプレハブハウスなので、下地を4つ角においてそのうえに建物
を設置します。地面に触れていないので、大きい事務所でも確認申請の必要はないのです。

でもプレハブハウスを地面に直接置く場合は、確認申請の条件に当てはまってしまいます。
ですので10平方メートル以上の事務所を設置したい場合は、必ず地面につかないようにしてください。
仮設事務所をレンタルする場合でも業者側で下に敷くものを用意してもらえるし、セッティングして
もらえますので、建築会社側で用意する必要はないと思います。

またもし今工事現場に仮設事務所を設置する予定で、地面につくことが確定しているは今すぐに
確認申請をしてください。

確認申請の大まかな流れは仮設事務所の「許可申請」をして、許可がおりたら「建築確認申請」を
します。その確認も下りたら、事務所の建築や設置の工事を行います。そして工事が終わったら、
完了検査が入り、完了検査に合格すると仮設事務所を使えるようになります。
そして工事が終わって仮設事務所を撤去したら、仮設建築物の「除却届」を提出して、終了です。

確認申請に必要な書類まとめ

仮設事務所の確認申請は基本的に必要ありません。
でも、確認申請に必要な書類は知っておきましょう!

まず建築確認申請書の用紙について調べてみると、市役所のホームページからダウンロードできる
ようになっています。必要事項を記入して、それぞれの市役所に提出してください。
また建築確認申請が終わって、確認済みであることを証明する書類は再発行ができません。
ですので大切に保管してくださいね。

ただ工事現場の仮設事務所では、確認申請以外にもやらないといけない手続きがたくさんあります。
例えば仕事に直接関係してくるインターネット回線の契約など。
こうした手続きや作業があるので、確認申請に時間をかけると後が辛くなるわよ!

私の場合は確認申請をしないで仕事を進めました。
とくにこれと言って不便はなかったし、問題なく工事が終了したので申請はやはり不要です。
またインターネットの契約はフレッツ光にして、インターネット回線で通話できるひかり電話も
契約しました。

そのおかげでスムーズに仕事ができるようになったので、ホッとしました。

インターネット回線を契約するならフレッツ光が人気

工事現場の仮設事務所で確認申請がいらないので、プレハブハウスをレンタルしたらある程度
余裕ができると思います。

その間に事務所で使う椅子やテーブル、複合機などを用意しますが、一緒にインターネット回線も
用意してしまいましょう。工事現場でよく使われているインターネット回線はフレッツ光です。
個人が契約する場合でも人気ですが、法人が契約する場合も人気。

フレッツ光のビジネスタイプは月額41,100円~と高額ですが、ファミリータイプという個人向け
プランなら月額5,100円~で利用できて、経済的です。今フレッツ光は法人契約に力を入れているから、
代理店サイトから申し込みをすると高額なキャッシュバックを受け取ることができます。

工事現場はモバイルWIFIを選ぶ場合も多いですが、モバイルWIFIは月額4,380円とフレッツ光の
ファミリータイプと800円くらいしか違いません。通信回線の工事がいらないことはメリットですが、
インターネットの回線工事は確認申請などが必要ありません。

フレッツ光に契約すればあとは工事業者にフレッツ光が連絡を取ってくれて、工事に立ち会うだけで
通信回線が開通します。撤収のときもフレッツ光に解約手続きをすれば工事業者が来てくれます。
以外と手間がかからないので、短期の工事を繰り返すスタイルじゃない場合はフレッツ光でも問題
ないと思うわ。

でも3か月単位などの短期間で、工事現場がコロコロ変わる会社の場合はモバイルWIFIが便利ね。
工事現場の仮設事務所は、会社や現場の状況によって必要なものが異なります。
事務所の広さが設置する期間もバラバラなので、あなたの担当する現場の条件を確認しておきましょう。
ただ2年以内なら申請の必要はないので、申請が必要になることはほとんどないと思うわ。


法人向け・個人事業主向けキャッシュバックNo1




かなり良心的な会社で私もお世話になりました。




無用なオプションも付けなくていいですし、
ちゃんとキャッシュバックが翌月にもらえます。

いい加減な代理店でトラブルに合った同業者をみていたのでこちらにして正解でした。

ぜひしっかりとした代理店で契約てくださいね。




-工事現場の仮設事務所

Copyright© フレッツ光代理店のおすすめは高額キャッシュバックでない? , 2018 All Rights Reserved.