工事現場の仮設事務所

ユニットハウスに電気引き込みの工事を行う費用の相場は?

投稿日:

こんにちは、加奈子です。今回は工事現場の仮設事務所に、電気引き込み工事をする費用の相場に
ついてお話していきます。

工事現場の仮設事務所に電気を引き込みたい

工事現場の仮設事務所は、設置や移設が楽なユニットハウスです。
その分さまざまな設備が簡易的なので、ユニットハウスを購入してから追加する必要があります。

例えば工事現場の仮設事務所に、必須の電気ですね。
電気が通っていないと電話もパソコンも複合機もテレビも使えないので、仕事になりません。
ユニットハウスの中には最初から電気が通っているものもありますが、通っていないものは後から
電気工事を依頼する必要があります。

ここでは、ユニットハウスに電気工事を入れる手続きと必要なものについて調べてみました。

調べてみると、引き込んだ電線をつなぐ電力会社用のメータ・ブレーカ取り付け場所・分電盤の
準備ができていれば、電気工事は無料でやってもらえます。また準備がない場合でも電機はライフ
ラインの基本中の基本のものなので、工事の手数料と必要な機器はすべて無料です。

個人的に電工に依頼するよりもハウスメーカーに依頼したほうがいい?

個人的に電工に依頼すると電話連絡をしたり、工事日を決めたりといろいろと手間がかかります。
ですのでハウスメーカーに丸投げしてしまったほうがいいでしょう。

ユニットハウスの場合はハウスメーカーというよりも、ユニットハウスのメーカーです。
設置工事を請け負ってくれる業者がほとんどなので、そのついでに電気工事もやってもらえる場合
が多いです。

電気工事は無料ですし、ユニットハウスを購入する前に業者に見積もりを依頼すれば、その見積書
に電気工事に関する記述も書かれています。ですので、あなたは基本的に何もしなくていいのよ。

ユニットハウスに電気を引いたら使えるようになる機器

ユニットハウスに電気を引いたら使えるようになる機器は、どんなものがあるのでしょうか?
ここでは電気工事で使えるようになる、危機をまとめてみました。

調べてみると、基本的なビジネスフォン、FAX、複合機、デスクトップのパソコン、ノートパソコン、
エアコン、電気ポット、テレビ、プレーヤー、空気清浄機など一通り事務所で使う機器は使えます。
他には蛍光灯や換気扇なども使えるので、電気工事を終えると事務所の環境はかなり整います。

確実に無料で電気工事をしてもらう方法

基本的に住宅の電気工事は無料でやってもらえます。
でも工事現場の仮設事務所の電気引き込み工事となると、有料になることもあります。

有料になる場合はケースバイケースです。しかし、確実に無料で電気引き込み工事をやってもらえる
方法があります。それは、自動販売機の設置を請け負っている業者に連絡をすること。
「工事期間の間だけ、敷地前に自動販売機を置きたい」といえば、工事現場に営業の人が来ます。

そのときに、「電気の引き込み工事を無料でやってもらえたら、自動販売機を置きます」と伝えれば
いいのです。業者は自動販売機を工事現場の前に設置してもらえれば、作業員が毎日たくさん飲み物
を買ってくれるから、利益が見込めるのを知っています。

ですので、喜んで設置してくれますよ。作業員もいつでも冷たい飲み物が近くで買えるから、喜んで
くれます。業者も作業員も工事現場の環境づくりを担当しているあなたにもメリットがあるのです。

電機の引き込み工事を無料で依頼するときに、「3相200Vをお願いしたいのですが…」といえば、
それだけで電気代を安く抑えたいことが伝わるので、お得なアイディアを出してもらえる可能性も
ありますよ。

電気引き込み工事で依頼したほうがいい3相200Vとは?

工事現場の仮設事務所に電気の引き込み工事をやるなら、3相200Vを依頼しましょう。
その理由は、業務用の電力だからです。

通常、動力と呼ばれていて、変動期を使って100Vにして電気を使うとアンペアが半分になります。
アンペアが半分になることで、電気料金も半分になるから、電気代を節約できるのです。
もちろん業務用電気と依頼してもいいのですが、3相200Vと具体的に言ったほうが確実よ。
変動期は電気製品の中古ショップで大量に出回っています。1つ5,000円くらいです。

でも常に変動期を使っていると、電気業者にバレて文句を言われてしまいます。
ですので、エアコンなどの電気消費量が多い機器を使う時だけ変動期を稼働しましょう!

最初から電気引き込み工事までセットになっているユニットハウスは?

ユニットハウスのメーカーのほとんどは、設置工事までを行ってくれます。
そのついでに電気引き込み工事も…というメーカーがあれば、とても助かりますよね?

調べてみると電気引き込み工事は、多くのユニットハウスのメーカーで一緒にやってもらえます。
ユニットハウスを購入すると、基礎工事、給排水工事、電気引込工事などもやってもらえるのです。
ただユニットハウスの本体代に、工事は含まれていません。

また最近のユニットハウスには、蛍光灯、コンセント、電気スイッチ、分電盤などの電気を使う
のに必要な内装工事は済んでいることが多いです。工場ですでに付けた状態で出荷するので、
現場で後からつけることになるのは、古いタイプのユニットハウスですね。
中古でユニットハウスを買った場合は、後付けになることがあります。

電気引き込み工事をする前に仮設事務所に確認申請が必要かチェック

工事現場に仮設の事務所を建てるなら、電気の引込工事は必須です。
でも、電気の引込工事の前に建築確認申請が必要かどうかを確認しましょう。

建築確認申請とは、「ここにこういう建物を建てます」という申請です。
これをしておかないと、基本的に建物を建築することはできません。
でも、工事現場の仮設事務所の場合は、ずっと建っているわけではありません。
工事が終われば、撤去されるものなので基本的には確認申請はいらないのです。

建築基準法には都市計画区域内だったり、建物の床面積が10平方メートル以上だと申請が必要という
ことになっているけれど、工事現場の仮設事務所はどんな大きさでも、2年以内なら申請不要よ。

一般的にユニットハウスを敷地内に建てるときは母屋があれば確認申請が不要で、母屋がないと
確認申請が必要ということになっています。また土地そのものが防火地域や準防火地域に指定
されている場合は、確認申請を出す必要がありますが、これも仮設事務所には当てはまりません。

また工事現場の仮設事務所であるなしにかかわらず、建築予定の土地が無指定なら確認申請はいら
ないです。

電気の引込工事に料金が発生する場合の相場は?

工事現場の前に自動販売機を置くという条件付きで、電気の引込工事は無料でやってもらう
ことができます。でもすでに自動販売機があったり、置く場所がない場合は有料になることも。

その場合の工事費はいくらかかるのが平均的なのか、相場をチェックしてみました。
すると母屋がある敷地内にプレハブ小屋を建てたとき、電気の引込工事の費用をブログにつづって
いる人がいました。

そのブログによると、100Vの電気を利用するために母屋からではなく、外の電線から引いたそうです。
分電盤は自分で用意するということで、この状況は工事現場の仮設事務所と同じですね。
費用は10万円ぴったりだったといいます。

他の体験談を読んでいても、「実家の敷地内にユニットハウスを設置して、夢だった犬のトリミング
ショップをやとうと思って電気引込工事を依頼したら、14万円かかった」と書かれていました。
工事現場のユニットハウスに電気の引込工事をした場合の費用の相場は10~14万円ですね。

電気業者の料金が書かれていない理由

工事現場の仮設事務所にしているユニットハウスへの電気引込工事が、いくらかかるのか疑問に
思っている人はとても多いです。

その理由は電気工事の業者サイトをみても、具体的な金額がかかれていないから。
例えば石井秀樹建築設計事務所では、上水道引込工事は20~30万円、下水道引込工事は20~30万円
と金額が書かれています。

でも電気引込工事は、電気会社によって費用や工事する地区によって違います。
だから、料金を表記したくてもできないのです。
でも東京電力の場合は、支持点までの引込は無償でやってもらえますよ。

また一般宅の離れへの電気引込工事も「10万円くらいだった」という口コミがいくつかありました。
ですので、10~15万円がやっぱり相場ですね。20万円はかからないと思います。
それも高額な工事費だったら、自動販売機を設置するからと言って無料にはしてもらえないわよね?
だからそこまで高額ではないことと、推測できます。

フレッツ光に申し込むと電気工事費が節約できる

工事現場の仮設事務所でも、インターネット回線は必要です。
工事の進行状況を建築会社に報告するために画像付きのメールを送ることがあるからです。

他には防犯カメラの映像を本社に飛ばしたり、インターネットで資材の発注をしたりします。
工事現場のインターネット回線で人気なのは、個人宅と同じでフレッツ光です。
個人向けプランでも最大1Gbps出るし、月額5,100円~と手軽な料金が人気の理由。
私も以前工事現場の仮設事務所で、フレッツ光の手続きを担当したことがありました。

そのときに代理店サイトから申し込むとお得という口コミ情報を知って、さっそく申し込みをしたら
翌月に50,000円以上のキャッシュバックをもらえましたよ。電気工事は自動販売機を設置して無料に
してもらったし、インターネット回線で通話できるひかり電話にしたから、工事費も浮きました。

工事現場の仮設事務所の初期費用を節約できると、のちのち予想外に出費することになっても余裕です。

フレッツ光は実績がある通信会社だし、サポート力に定評があるから、トラブルが起こった時も
すぐに対応してくれます。ただ人気の通信会社なので、年度末(1月~3月)は早めに申し込まないと
着工までにインターネット回線が間に合いません。

2か月前くらいに申し込みをしておきましょう!
電気の引込工事も年度末は、早めに申し込まないといけません。

電気の引込工事もインターネットの引込工事も仮設事務所には、必要なものです。
準備をぬかりなくしておいたほうがいいですが、電気はユニットハウスにもともと準備されています。
インターネットもフレッツ光側が必要な機器を用意してくれるので、書類以外用意はいりませんよ!

-工事現場の仮設事務所

Copyright© フレッツ光代理店のおすすめは高額キャッシュバックでない? , 2018 All Rights Reserved.